Copyright (C) 2017 TanbaYasaiKobo. All Rights Reserved. 

ベビーリーフ | 日本兵庫県丹波市山南町村森 | 株式会社丹波野菜工房 info@mvm.co.jp  

Please reload

July 12, 2018

今年の初めにMVMの生産管理をしている三宅さんが、

「毎日ブログを書く!」と言い出して…

その三宅さんが今年の5月から丹波野菜工房に常駐することになりまして…

続くのだろうか?と疑っていたブログはすでに半年が過ぎ、

寂しがりなのに?と心配していた丹波単身赴任も2ヶ月が過ぎたので

ここでその三宅さんのブログをご紹介しようと思います。

仕事のことや、個人的なことまで、日々感じたことなどを思いつくまま書かれていて、丹波で暮らすのもはじめてとのことなので、視点が新鮮なのだと思うので、ぜひ覗いてみてください。

April 19, 2018

 鮮度のいいベビーリーフに焼いたばかりの肉を乗せてサーブされる。

簡単な料理だなぁと思いながらも、やっぱり地元の但馬牛は美味しいなぁと舌鼓を打つ。

そして、ペロリと食べてしまった肉のあとに、肉汁を含んでしんなりとなっているベビーリーフがこれまためっちゃ美味しいのである。

January 25, 2018

圃場の中にある小さな掘っ建て小屋(笑)の事務所にある冷蔵庫に貼ってある「年間出荷数量スケジュール表」には、日毎に何キロ出荷する予定、目標が書き込んであるのですが、去年の実績数とともにトピックスも書いてあって、ちょうど1月16日に大雪が降って、積雪の重みで丹波篠山にあるハウスが4棟潰れてしまったことが書いてあった。

今年はあの時に失ったハウスの代わりに、台風にも積雪にも負けないという連棟ハウスを3反分増設した。

本稼働は春からになると思うが、今年は過去最強クラスで、真冬でもあまりないような強烈な寒波がやってきて、特にここ2日間の厳しい冷え...

January 5, 2018

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

寒波が続いて寒いお正月でした。

陽射しが陰るとより寒く、ベビーリーフは伸びません(苦笑)

November 14, 2017

農業にとって切り離すことの出来ない「耕す」という行為。
収穫を目的に種を播くための準備ということ以上に、前作の収穫に対して、継続的に安定して生きる糧を得たという、 土に対する慰労と感謝の心でいつも耕している。
次の土の活力となるように作物の残渣物を土に返し続け、人の思い通りにならない圧倒的な力をもつ自然と連携しながら耕すことの本質を怠らず、循環を守ることは大切なのだ。

一連の作業の流れとしてしか農業が見えず、その作業消化に追われ、様々に発生する障害への対症療法的な対策ばかりに気を取られ、また当面の売上や利益の大小にばかり目を奪われては...

October 24, 2017

超大型の台風21号の接近から一夜が明けた写真です(悲)

全国の広い範囲で冠水被害や土砂災害のニュースが流れています。


身近でも土砂崩れや車水没になって大変な様子ですが、丹波野菜工房でも、クリスマスの出荷用にと播種した露地栽培の畑が水没してしまいました。

水がひいたらまた一から作業すればいい。

そう思って天気予報を確認したら、また台風のタマゴが発生?!早く播種しないとクリスマスに間に合わないのだけどなぁ…(辛)

October 17, 2017

古くから良質の黒大豆が栽培されてきた丹波地方。

みんなが欲しがるので、ベビーリーフのハウスが並ぶ近くで毎年自分たち用の黒枝豆を栽培していて、今年も収穫時期がやってきました。

寒暖の差が大きく肥沃な大地で育った黒枝豆は、大粒で栄養価が高くいつも奪い合いになる程なのだ。

丹波黒枝豆はその黒豆がサヤの中で熟成しきって黒色になる前の青いサヤの状態のもので、収穫時期が2週間程と短く、枝豆としての旬の時期は短いけれど、その味は濃厚でとっても美味しい。

この時期に収穫のお手伝いに来ていただくとお土産にお持ち帰りいただけるのだけど…(笑)

October 6, 2017

「春」と言う漢字が名前についているので、
春菊の旬は「春」なのか?と間違えそうですが、実は11月から2月の冬の間が春菊の旬です。
春菊という名前は、春に菊のような花が咲くからそのように呼ばれているようです。


しかし、最近は1年中量販店で春菊を手に入れることができますよね。
ですが、しかし、だけれども、旬はやはり格別のおいしさがあります。特に野菜は!

旬の春菊は香りが強く、葉肉も分厚くて柔らかいのが特徴。
そしてベビーリーフとなるともっとで、免疫機能を高めるβ-カロチンが、
ほうれん草や小松菜など代表的な緑黄色野菜を上回る含有量です。

あ...

September 14, 2017

稲刈りのシーズンを迎えていますが、台風18号がやって来る。

今年は台風が多いだろうと予想していたが、まだ直撃は免れてきた。

今回の進路はそうはいかないようだ。


とにかく、ベビーリーフの収穫間際のものは早めに収穫し、台風が接近する前に、施設や圃場周辺の点検、補強、排水路の清掃を行わなければならない。


ビニールハウス等では開口部をすべて閉め切って風がハウス内に入らないようにし、換気扇を稼働させる。ただし、あまりに強風によるハウスの破損が考えられる場合は、ビニールを剥ぐ決心をしなければならない。ハウス内に作物が作付けられていない場合、または古...

August 30, 2017

夜中に虫達が宴会をしたらしく…

朝になって今日収穫予定だった圃場が一晩でこんな姿になっているのは悲しい。

虫食いが激しくなる原因があることに間違いないのだろうけれど、

「これは虫が野菜の成長を助けようと頑張った結果」という声に少し救われた。

生まれたての柔らかく、栄養のあるベビーリーフは

私達人間が食べて美味しいのだから、虫にだって美味しいに決まっている。

徹底的においしく虫達に食べらたベビーリーフは、

虫達の糞となって地上に落ち、それが微生物によって必須元素となって、

次の野菜の成長を支えることになるのだろう。。。。

Please reload

July 12, 2018

January 5, 2018

November 14, 2017

October 24, 2017

October 17, 2017

October 6, 2017

September 14, 2017

August 30, 2017

Please reload

最新記事
タグから検索
アーカイブ
Please reload